よしゆきチャンネル

台風19号災害対応補正予算案を可決


10月30日に開催された県議会臨時議会を受け、台風19号災害対応に対する補正予算案が可決された。
補正額     557億2,979万円
補正後累計  8,658億4,008万円
補正予算に計上された主なもの
・道路・河川・砂防・林道・農地・農業用施設等災害復旧公共事業費
369億9,737万円
・被災者の生活再建・被災家屋復旧補助・災害弔慰、見舞金等災害救助費
56億6,867万円
・介護施設・障害者支援施設・児童福祉施設等の災害復旧費
6億1,955万円
・被災中小企業支援の為の産業活性化金融対策費
39億2,860万円
・被災中小企業等グループの施設等復旧事業費
30億3,922万円
・被災農漁業者への農産物等生産維持のための特別措置費
2億4,762万円
・被災農業生産施設再建等支援事業費
6億2,388万円
・被災者に対し県営住宅を一時的に提供する為の修繕費(戸数37戸、最長2年間)
4,184万円
・県立学校施設災害復旧費
栃木工業高校・栃木商業高校・学悠館高校・栃木女子高校・黒磯高校・矢板高校
那須高校・栃木特別支援学校
13億8,513万円
・警察施設等災害復旧費
7,778万円
今後、この予算をもとに速やかな被災箇所の復旧と被災者の生活再建に最大限の力を注ぐ。
加えて河川等の災害復旧については、度重なる大規模災害に備え、出来る限り原形復旧ではなく改良復旧に取り組む。

ページの
先頭に戻る